iPhoneは所有がブランドになるスマホです

###Site Name###
TOP > iPhoneは所有がブランドになるスマホです

iPhoneは、アップル社が開発したスマートフォンです。

初代は2007年1月に発表され、その当時、スティーブ・ジョブスが「世界を変える」というフレーズとメッセージで、世界に登場させて以来、色々な会社から沢山のスマートフォンが発売されました。

しかし、アイフォンだけは、スマートフォンの先駆として、他のスマホとは今も一線を画しています。
それが、iPhoneの魅力です。

そのために商品コンセプトが違います。例えば、他のスマホの場合は、OSにアンドロイドを搭載して、機能を自由に拡張できる点を競っています。

その為スペックをどんどん上げて、持ち主が色々なアプリを自由にインストールでき、お財布ケータイやワンセグなど常に機能の拡張性をあげることにフォーカスしています。



つまりなんでもできるという状態です。
そのために、どちらかというと、スマートフォンを高機能にして色々と自分好みに変えていきたいという人に向いています。
一方、iPhoneだけはiOSというアップル社独自のOSを使い、そのために、お財布ケータイやワンセグなど一切できません。

しかも、形は大小あっても初代からほとんど変えていません。
それでもアイフォンを持つ人は満足しています。なぜならアップルは、iPhoneが所有する人のブランド感を大切にしているからです。
当初の「良いものを一緒に味わいこれからも世界を変えていこう」という思いです。



例えば、スマートフォンの先駆者としてOSも独自のまま、形も良いもの形を変えない普遍性でいられるためには、そのために良いものをしっかりと作り上げる努力をしています。

つまり、スマホの「機能拡張」よりも、「操作性」にこだわっていることです。

このように、スマホでどんなことができるかではなくて、使っている人が「安心できて使いやすい」ということを最も大切にしているところです。

基本性能重視の特長はブランド製品に見られる特徴です。